【初心者必見】これはNG!一発でダサく見えるメンズアイテムを紹介!

スポンサーリンク
アイテム選び
スポンサーリンク

今回の記事では、

初心者のメンズファッションにおけるNGアイテム

について具体的に事例を出しながら紹介します。

 

オシャレなアイテムってどんなものだろう?と

考えるのは少し難しいかと思いますが、

逆に「こう言ったアイテムはNG」と言うのは伝えやすいです。

 

今日はNGなアイテムを理解してもらうことで、

避けてもらうことを目的としています。

 

また正解のアイテムも同時に紹介して

メンズファッションの基本をシャアしていきます。

スポンサーリンク

アクセントを入れた白いボタンダウンシャツ

1つ目のNGアイテムが

アクセントを入れた白いボタンダウンシャツになります。

 

例えばボタンが黒いやつや、

黒いパイピングされてるやつなど

アクセントが用いられているのはNGです。

 

パッと見るとオシャレなように感じますが、

実はこう言ったシャツはオシャレな人は基本選びません。

 

ただの白いボタンダウンシャツだと、

どうしても退屈な感じがするので、

ボタンの色を変えたり、縁取りをつけるわけですが、

こう言ったディティールにこだわることで、

安っぽかったり、チャラく見えてしまうこともあります。

 

もし選ぶのであれば、王道な白ボタンや

縫い糸も全部白くてシンプルなものを選んだ方が、

僕たち大人の男性には似合いやすいです。

 

ボタンダウンシャツを好んで着用してる人は多いですが、

オシャレを楽しみたいときに、いつも通りのシャツではなく、

あえて変化球を取り入れた方がオシャレと感じてしまうものなんです。

 

結構女性もこう言ったアイテムを選ぶ人が多くて、

旦那や彼氏にこのシャツをプレゼントする人も多いですが、

実際はコーディネートしづらいし、素敵に見えないので、

なるべく避けるようにした方がいいです。

 

ビジネスカジュアルだとかクールビスで

こう言ったシャツを来てる人は多いと思うので、

皆さんもクローゼットに、こう言った縫い糸に変化のあるもの、

ボタンの色に変化球があるものは手放すようにしましょう。

七部丈のカーディガン

2つ目が七部丈のカーディガンになります。

 

これは春夏に多く出回りますが、

あまり素敵には見えません。

 

正統派の普通の長袖のものを買った方が良いかなと思います。

 

もし暑い場合は、 袖をたくし上げたり

まくるなどして体温調整をするのがいいです。

 

七部丈と言うのは基本使わないようにするのが

僕は大切だと思っています。

 

ボトムスも中途半端な丈はNGで、

フルレングスか九部丈を選ぶようにしましょう。

 

また、先ほどのシャツ同様に黒い縁取りなどがあるのも危険で

オシャレに見せようという意図が、逆にダサく見えたりします。

 

こう言ったカーディガンは、結構学生さんが着ていますが、

大人になってからも着てる人が多いので

ぜひ避けるようにしていきましょう。

 

目に見えてオシャレしてるぞ!って言うアピールは、

なるべく避けたほうがいいと言うのは覚えておいて下さい。

 

派手すぎるパーカー

3つ目は、派手すぎるパーカーになります。

 

ここ数年パーカーが再評価されていて、

オシャレな人でもパーカーを着てる人が非常に多いです。

 

僕も好きでパーカーをいくつか所持していますが、

オシャレな人が着てるパーカーと、そうでない人が

着てるパーカーは明確に違いがあります。

 

オシャレな人は、なるべくシンプルなパーカーを選びます。

 

黒やネイビー、ホワイトなど、そう言った単色で

柄やプリントがないものを選ぶことが多いです。

 

パーカーというカジュアルなアイテムの中に、

さらに色で遊びをつけていたり、柄が入ってしまうと

より子供っぽく見えてしまいます。

 

なのでパーカーを選ぶ際は、とことんシンプルが条件になります。

 

絶対にやめておいた方がいいのは、

フードがチェック柄のやつ、パイピングが入ってるやつなど

無駄な装飾が入ってるのはダサく見えてしまうので

避けるようにして下さい。

 

柄物のセーター

続いてはセーターですが、

派手な配色を使った柄物のセータもNGとなります。

 

こう言ったセーターを着てる人も多くて、

アクセントや柄が入ってオシャレに見えますが、

 

かなりコーディネートは難しくて、

一箇所だけに視線が集中してしまうのと、

「またあのニット着てるな」と言う印象に残りやすいので、

こう言った服はなるべく避けた方が良いです。

 

柄物は使うのが難しくて、ファッション初心者は、

なるべく手を出すのはやめておきましょう。

 

もし柄物を使うのであれば、

シンプルな白とネービーのボーダー柄などにして下さい。

 

派手な色やチェック柄などインパクトが強いものは後回しにした方がいいです。

 

原色のダウン

次が原色のダウンとなります。

 

寒くなってくるとダウンを着る人が多いと思います。

 

ユニクロのダウンなどは沢山のカラーバリエーションがあって、

薄くて着やすいので、着てる方が多いのですが、

その中でこう言った赤、緑、ブルーなどの原色は

合わせるのは難しいので避けた方が良いです。

 

1点のアイテムの主張が強いと、

そこにばかり視点が集中してしまいますし、

着こなしにうまく調和しないんです。

 

ですのでこう言った色の強いアイテムは

なるべく避けるようにしましょう。

 

こう言った原色系は、オシャレが楽しめるようになってから

部分的に小さい面積で使うと言うことを覚えておくと良いでしょう。

ベージュのチノパン

次はボトムスでベージュのチノパンとなります。

 

シンプルで定番なのでなぜNGなのか?

と思う人もいるかもしれませんが、

ベージュのチノパンと言うのは、

休日の男性が着てるイメージが強く、

どうしても野暮ったく見えがちなんです・・・

 

しかもサイズ感がゆったりしてるものでないと

より野暮ったいのでぼんやりした印象になります。

 

なので、こう言ったものよりも、まずは

ブラックジーンズやブルージーンズなどの

濃い色で下半身を引き締めた方が、スタイルもよく

バランスも取りやすいです。

 

サイズが緩いチノパンには、くれぐれも注意して下さい。

 

もし明るい色を取り込むのであれば、

ホワイトジーンズなどがオススメです。

 

主張の激しいバッグ

最後がバッグになるのですが、

トリコロールのラインが入ってるものや

ネイビーと明るいブラウンの配色なものと言った

一見オシャレっぽく見える主張の激しいバッグもNGです。

 

画像のようなバッグを持つと、

どうしてもチャらく見えてしまいます。

 

10代、20代であれば似合いますが、

大人の男性にはあまり似合いません。

 

単体でオシャレを詰め込もうとしてるバッグには手を出さずに、

シンプルで王道なものを選んだ方がバランスが取りやすいです。

 

ブラックやネイビーの単色のトートバッグを持った方が、

圧倒的に大人の男性には似合います。

 

まとめ

今日は、初心者のメンズファッションにおける

NGアイテムについて紹介してきました。

 

今日紹介したNGアイテムには共通点があって、

『パッと見はオシャレに見えるような、ディティールにこだわっている』

と言うことです。

 

でも、それが逆に安っぽく見えたり、チャらく見えたりするので、

そう言ったものはなるべく排除して、大人の男性であればなるべく

『ベーシックにでシンプル』な定番アイテムから選んで下さい。

 

そう言ったものは地味に見えますので、

店頭にあってもなかなか手に取らないと言う人の方が多いんです。

 

むしろ今日紹介したアイテムの方が視界に飛び込んでくるので、

つい購入しがちですが我慢して、ベーシックを意識しましょう。

 

そう言った定番アイテムで、着こなしの8・9割を構成して、

残りの1・2割でアクセントを取り入れて下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました