知らないとダサくなるレイヤードの極意を教えます!

スポンサーリンク
ファッションの知識
スポンサーリンク

これまで、服の色合わせの調和理論や

色の使い方について記事を書いてきましたが、

オシャレする際に、何と何を重ねればいいんだ?

というレイヤードについて今回は解説します。

 

レイヤードも、ファッションにおいて、

かなり大事なことだと思いますので、

今回の記事も頭に入れておいてもらえると、

かなりおしゃれへの解像度が上がると思います。

スポンサーリンク

オシャレはトップスの重ね合わせで差をつけろ!

レイヤードについて話して行きますが、

今回特に喋っていきたいなと思ってるのが、

トップスの重ね合わせです。

 

例えば、コートを選ぶ時に、

下は何を合わせるべきなのか?

こういう形を合わせる時はどういうことに気をつければいいのか?

みたいなところを話していけたらなと思っております。

 

今回は、形のことと

印象のことについて詳しく喋っていきます。

 

トップスの4つの形を理解すべし!

まずは、形のことを話していきますが、

あなたはネックの形って気にしてますか?

 

僕としては、めちゃくちゃ気にして欲しいので、

このネックの形の組み合わせを全て紹介していきます。

 

例えば、『襟+Vネック』みたいな、

ネックの組み合わせを順番に紹介していきます。

 

ネックの形を4つに分類してやっていきます。

 

Vネック、Uネック、タートルネック、襟ていう、

この4つで紹介していきます。

例1:襟×Vネック

まず、さっき例に上げた、『襟×Vネック』。

 

これはシャツに、テーラードジャケットとか

ダブルのライダースのジャケットとか、

チェスターコートとレンチコートみたいな

アイテムを合わせる時の合わせ方です。

これは、めちゃくちゃ定番のスタイルなので、

色とかはもちろん気にしないとダメなんですが、

形自体は何も気にする必要がないです。

もちろん、こんな感じで何も考えずに

合わせられるような組み合わせもあれば、

ちょっと工夫しないとダメだよっていう組み合わせもあるので

そういうとこを紹介していきます。

 

例2:Vネック×Vネック

次に紹介するのが、『Vネック×Vネック』です。

 

これもかっこいいですが、これがなんでかっこいいのか』

と言うと、Vのラインが揃うからです。

Vが重なるような形で、これがやっぱり

かっこよく美しく見える秘訣なんです。

 

シャツっていうのも、もちろん襟がついてるんですが、

Vネックにすることもできて、

第1ボタンを開けてあげるだけでVが作れます。

 

そして、ここのVとVが重なるだけで、

めちゃくちゃ美しく見えるんです。

 

直線に対して直線で合わせるっていうのがポイントです。

例2:Uネック×Vネック

逆に美しく見えにくい、ちょっと気をつけないといけない

レイヤードの方法なんですが、それが『Uネック×Vネック』です。

例えば上記の画像のようなコーデを見たことがあると思うんですが、

平気で商品のモデル画像とかに使われてるようなスタイルだと思いますが、

違和感持ったことないですか?

 

シャツと合わせた方がいいじゃんとか、

そういう印象を持ったことがあると思います。

 

その感覚はめちゃくちゃ正しくて、

形が揃ってないから違和感が生まれるんです。

 

どうしても美しいって見えにくいんです。

 

もちろんダサくはないんですけど、

もっと良くする方法はあるよねって言うことです。

 

じゃあ、このUネックとVネックを

どうやって合わせていけばいいのか?

というのを3つ話していきます。

その1:距離を近づけてあげる

まず1つ目が、このUネックとVネックの

ネックの距離を近づけてあげる、

もしくは遠ざけてあげる、これが大事です。

 

さっきの画像は、UとVで喧嘩しちゃっていて、

中途半端な距離りなっています。

 

だから、Uネックの部分を

例えばタンクトップとか首元の開いたものにしてあげると

こんな感じでUネックの曲線の部分の見える範囲を小さくしてあげると、

実質直線のような感じになるんです。

曲線のグラフを、ちっちゃい区分で見た時に実質直線に見えるから、

傾きが分かる微分の原理と同じような話です。

 

実質、直線みたいになるってことは

この面積が三角形っぽくなるんです。

相似の三角形のように捉えられるので、

これが美しく見えるっていうことなんです。

 

逆に、このVとかを遠ざけてあげると、

曲線と直線で喧嘩しないんで全然見やすいコーデになります。

ジャケットやカーディガンだったら、

これあんまり思わないっていう方が多いと思います。

 

僕の場合は、あんまり無事のシャツに

Vネックを合わせるが好きじゃないんですけが、

割とおしれって捉えてる方が多いと思います。

 

これが、もしさっき言ったジャケットとかカーディガンみたいに

アウターや軽いアウターとかでしたら、開いてあげれば

もっと見やすいコーデにもなるかなと思います。

その2:ネックの境界線部分に情報を足す!

2つ目が、ネックの線同士の境界部分に

情報を足すっていうことをして欲しいです。

 

先ほども、UネックとVネックの部分が喧嘩してると言いましたが、

これにネックレスを足してみたらどうなるか?って言うと、

結構マシに見えませんか?

ネックレスを追加することによって、ネックレスに目がいくので、

このUとVの境がボケるんです。

 

しかも、ネックレスとかだと、

大体が画像のような形してると思います。

 

そうすると、UからだんだんVに近づくような、

グラデーションみたいな形になるんで比較的美しく見えるんです。

 

さっき、僕はUネックの無事のものに、

Vネックのアウター合わせるの好きじゃないと言いましたが、

じゃあ僕はどうしてるかって言うとロゴ入りの服で合わせています。

そうすることによって、目線がボケるんで、

かなり合わせやすくなります。

その3:なるべくVネックのニットは避ける!

3つ目が、そもそもこういうVネックのニットとかはやめておいて、

襟付きのVネックのものとUネックを合わせてあげるようにしよう

っていう考え方を持つことです。

なぜかと言うと、単純にVネックのニットとかだと、

Vがめちゃくちゃ強調されるんです。

 

でも、襟付きだと首元に立体的な新しい図形が生まれるんで

Uネックと合わせた時に、どこが境界になってるのかっていうのが

結構分かりにくくなるので、人間の心理的にも

違和感をあんまり感じないんです。

 

だから、さっきもアウターのことを話しましたが、

襟付きのやつだったら割と合わせやすいと思います。

 

だから、カーディガンにTシャツとか合わせる時も、

僕はさっき言った1つ目とか2つ目のことを気にしてて、

あんまり白Tとは合わせないです。

 

カーディガンは開けれるけど、襟がないので、

あんまり普通の首が詰まったような白Tとは合わせないです。

 

合わせたとしても、ネックレスをつけるとか、

首元がもっと開けてるものを選ぶとか、

そういうことをします。

例3:ハイネック×Vネック

そして次が『ハイネック×Vネック』になります。

ハイネックもVネックではないので、

Vネックと合わせた時に違和感を感じるんじゃないか?

と思ったかもしれないんですが、さっきのクルーネックよりかは

首にフィットするような形なので、顎下に境界線が出来ます。

 

だから、比較的普通に合わせても合わせやすい合わせ方になります。

 

しかも、タートルネックにVを合わせることによって、

首が詰まったものに対して縦の線を意識させてあげることができるんで

結構相性のいい組み合わせになります。

詰まってる感っていうのを、緩和してくれて

縦の線を意識させることで、スタイルがよく見えます。

例4:ハイネック×Uネック

そして、次が『ハイネック×Uネック』になります。

これに関しては、

首が結構詰まったもの同士の組み合わせになるので、

めっちゃ上半身で詰まってる感が出ちゃいます。

 

だから、組み合わせする時に詰まってるなって感じたら、

この2つ意識してみてください。

 

1つが、さっきも言ったネックレスをつけてあげるってことです。

縦のラインを意識させて欲しいんで、

長めのネックレスをつけてあげるっていうのが大事です。

 

2つ目が、ロゴのあるトップスを選んであげるっていうことです。

 

このロゴのあるトップスは、どんなロゴを選べばいいのかですが、

ないよりかはある方がいいので、どれでも首の詰まりっていうのは

多少緩和されるんですけど、できたら縦に長いようなロゴだったり

グラフィックを選んであげると、よりスタイルが良く見えるかと思います。

でも、正直サイズ感とかによっては、

全然こういうことをしなくても、

かっこよく決まりやすかったりするので、

自分で鏡を見て、ちょっと詰まってる感があると思ったら

これを意識してやってみてください。

 

首が長くて肩幅が狭い人とかだと、

全く気にしなくていいと思います。

例5:襟×Uネック

次が、『襟×Uネック』になります。

襟のあるシャツがインナーになる形になります。

これも、めちゃくちゃ合わせやすいと思います。

 

これはUネックを襟に変えるみたいな効果があると思って下さい。

 

さっき言った、ジャケットUネックの組み合わせも、

Tシャツの下にシャツを入れ込んで、

ジャケットと合わせるみたいなことをすれば

結構ジャケットとの相性が良くなります。

シャツとニットとか、シャツとTシャツとか、

シャツとロンTシャツとスエットと、

そういう感じで組み合わせていくのがオススメです。

例6:ハイネック×ハイネック

次が、『ハイネック×ハイネック』になります。

これは、できる服がかなり限られてはいるんですが、

やってみたらかっこいいと思います。

 

中に、派手な色を仕込んでおいて、

外 緩めのハイネック持ってくるみたいな感じで

やってあげるといいかなと思います。

コートとかだったら、

結構取り入れてる方は多いかなと思います。

 

もちろん、ロンTとニット、ロンTとトレーナー

とかでもいいと思います。

例7:ハイネック×襟

次が、『ハイネック×襟』になります。

これはやってる人はやってるんですが、

そんなにみんながやってるスタイルかというと、

そんなことはないと思います。

アウターとかだったら取り入れてる方は多いと思いますが、

上記画像の感じで首の詰まったもの同士ではあるんですが、

襟が外に来てるんで、比較的に詰まってるっていう印象はなくて

縦のラインも意識させることができるスタイルになります。

 

形のレパートリーは、こんな感じかになる思います。

 

ネックの形を揃えるか、足し算をして

視線誘導してあげることが大事だよっていうお話でした。

 

トップスは印象の重ね合わせが重要!

そして、次に話していきたいのが 、印象の重ね合わせです。

これを意識できてる人は少ないかと思います。

 

見た時の印象って色々あると思うんですが、

ぶっちゃけ2つに分けるだけで大丈夫です。

 

じゃあ、この2つは何かって言うと、

『可愛いとかっこいい』もしくは『女らしい男らしい』

この2つで分けるだけで、全然変わります。

 

では、かっこいいと可愛い、

どういう感じで分類していけばいいのか?

 

例えば、かっこいいアイテムは、

シャツとかコートなどになります。

 

襟付きのコートのように、襟のあるアイテムは、

かっこいい分類でいいと思います。

 

逆に、さっきも紹介してたUネックみたいな、

丸いデザインのものは、どちらかと言えば

女の子らしいデザインなのかなと思います。

 

ただアイテムによっては、

可愛いかかっこいいかわかんないです・・・

ってなると思うんですが、素材でも分けれます。

 

例えば、デニムとかレザーとか

そういうゴツゴツしたアイテムや

つるっとしたアイテムは、どちらかと言えば

かっこいいとか男らしいものにになります。

 

で逆に、ニットとかカーディガンみたいな、

そういうふわっとしたようなアイテムとか

ウールの素材のものとかは、どちらかと言えば

女の子っぽいというか可愛らしいアイテムになります。

 

また他にも色でも分けれて、

例えば暗い色とか黒とかっていうのは、

どちらかと言えばかっこいいシックな印象になります。

 

逆に、明るい色とか白色っていうのは、

どちらかと言えば柔らかい印象があるんで

女の子らしい印象があるかなと思います。

 

あとは、寒色の方が男性らしかったりとか

かっこよく見えたりしますし、

逆に暖色の方が女の子っぽかったり

可愛らしく映ります。

 

多分、女の子が赤で、

男の子が青のイメージはあると思うので、

そんな感じです。

 

いっぱいありすぎてわから無いって人もいるかもしれませんが、

これはなんとなくでいいんです。

 

また、これが正解だと言う答えはないので、

自分がどういう印象にしたいかだけの話です。

 

そして次に、色とかスタイルがよく見える

レイヤードについて話していきたいのですが、

それをしちゃうと、ボリューミーな内容になっちゃうので、

色については、過去記事で色合わせの話はしてるので、

そちらを参考にしてください。

 

自分の見せたい印象とか、自分の見せたいスタイルを意識して

自由にコーデを組んでもらったらいいと思うんですが、

やっぱりおしゃれっていうのは言語化できると思ってますし、

よりおしゃれに見えやすいっていうのは絶対あると思います。

 

なので、今回のレイヤードについても、

知識を頭に入れてからスタイリングを組んでみて下さいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました